食べる 買う

銀座アコメヤ トウキョウで「新米フェア」-全国各地の新米22種

「AKOMEYAオリジナル 土鍋のごはん鍋 3合炊き」(2万3,760円)

「AKOMEYAオリジナル 土鍋のごはん鍋 3合炊き」(2万3,760円)

  •  
  •  

 銀座「AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)」(中央区銀座2、TEL 03-6758-0270)で10月24日、コメが主力商品の一つである同店が北海道から九州までの全国各地から選んだ新米を紹介する「新米フェア」が始まった。

「AKOMEYAオリジナル おにぎり籠」(6,804円)

 取り扱うのは、「ゆめぴりか」(北海道)、「ミルキープリンセス」(秋田県)、「黒澤ファーム 夢ごこち」(山形県)、「南魚沼産コシヒカリ」(新潟県)、「コシヒカリ 雪ほたか」(群馬県)、「ミルキークイーン」(富山県)、「きぬむすめ」(島根県)、「天空の郷 ヒノヒカリ」(高知県)、「にこまる」(佐賀県)、「森のくまさん」(熊本県)など22品種。

[広告]

 フェアおすすめ商品として、新米が2合ずつ入った「新米 利き米セット」(5種=1,944円、7種=2,646円、10種=4,104円)や、日本穀物検定協会が毎年実施している「米の食味ランキング」で最高ランク特Aの評価を得ている「常連米」を集めた「特A常連米 食べ比べセット」(5種=2,160円)のほか、「のせのせバターしょうゆ」(512円)、「なめ味噌」(540円)、「生海苔佃煮」(756円)、「いか塩辛」(864円)などの「ごはんのお供」を販売。「おにぎり籠」(6,804円)、「土鍋のごはん鍋 3合炊き」(2万3,760円)、「クタニシールごはん茶碗」(大・小各4,320円)などの「AKOMEYAオリジナル」商品も用意する。

 フェア期間中は、「『お米の美味(おい)しさの秘密』を生産者が直伝!」「みんなで新米のおむすびをつくろう!」「クタニシールでオリジナルのごはん茶碗をつくろう!」「新米体験祭り」などのワークショップや体験イベントも予定する。

 同店を運営するサザビーリーグ(渋谷区)AKOMEYA事業部マーケティング担当の安森奨悟さんは「フェア期間中は、北海道から九州までの全国各地から厳選した22品種の新米がそろう。新たに登場するAKOMEYAオリジナルの雑貨にも期待いただければ」と話す。

 「11月15日の『新米体験祭り』では、『新米の利き米』『ごはんのお供体験』『ミニ日本酒BAR』などの催しに加え、『ZOOMADANKE(ず~まだんけ)』によるけん玉パフォーマンスもお楽しみいただける。この機会にぜひ参加していただければ」とも。

 営業時間は、物販=11時~21時、「AKOMEYA 厨房」=ランチ=11時30分~14時・ティータイム=14時~17時・ディナー=17時~22時。フェアは11月24日まで。

  • はてなブックマークに追加