食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

有楽町駅前で岩手県大船渡市・陸前高田市・住田町の特産品即売会

「いわて・三陸けせん 希望ストリート~大船渡市・陸前高田市・住田町~」の昨年の開催風景

「いわて・三陸けせん 希望ストリート~大船渡市・陸前高田市・住田町~」の昨年の開催風景

  •  
  •  

 JR有楽町駅前広場で11月4日~6日、岩手県沿岸南部に位置する大船渡市・陸前高田市・住田町の特産品即売会「いわて・三陸けせん 希望ストリート2014~大船渡市・陸前高田市・住田町~」が開催される。主催は大船渡商工会議所。

 同イベントは、首都圏の消費者に向けて、同地域の食品の安全さや安心感、魅力を発信することを目的とするもので、3回目の開催となる今回は35社が参加。

[広告]

 会場では「三陸産サンマのショウガ煮」「焼ウニ」「南部どりのサラダチキン」「煎(い)り酒」「夢の樹バウム」「若布せんべい」「マスカットサイダー」「手作り梅干し」「鶏ハラミ」「手切り大根」などの特産品を販売する。

 復興の歩みを伝える写真展や、今年4月にようやく全線の運転が再開された三陸鉄道を写真パネルや映像で紹介する展示も行うほか、「震災語り部」が津波の惨状や教訓、被災地の復興状況について説明。大船渡市のPRキャラクター「おおふなトン」や陸前高田市の「子ども応援団長」で「ゆめ大使」の「たかたのゆめちゃん」の来場も予定する。

 同会議所総務振興部の猪股司さんは「東日本大震災から3年7カ月が経過した今も、被災地の現状はまだまだ復興途上。復興に向け取り組んでいる、大船渡市・陸前高田市・住田町の現状を、会場内のイベントを通じて、見て、聞いて、食べていただき、これからの本格的な復旧に向けて引き続きご支援、ご協力をお願いできれば」と呼び掛ける。

 開催時間は、4日=13時~19時、5日=11時~19時、6日=11時~17時。

  • はてなブックマークに追加