食べる

築地に「銀座千疋屋」 果物を使ったスイーツやチョコレートを販売

「いちごダックワーズショコラ」(左、324円)と「いちごタルト」(右、972円)

「いちごダックワーズショコラ」(左、324円)と「いちごタルト」(右、972円)

  • 0

  •  

 スイーツ専門店「銀座千疋屋 築地店」(中央区築地3)がオープンして1週間がたった。運営は銀座千疋屋(銀座5)と、グループ会社のパティスリー銀座千疋屋(築地3)。

「銀座千疋屋ショコラ」(各324円)

[広告]

 「旬の果物を使った」スイーツとショコラ(チョコレート)を販売する同店。店内は「スイーツコーナー」「ショコラルーム」「キッチンルーム」に分かれ、総面積は約110平方メートル。「ショコラルーム」と「キッチンルーム」では、商品の製造工程を見ることができる。

 商品ラインアップは「季節のショートケーキ」(1,080円)、「季節のフルーツババロア」(648円)、「ロールケーキ」(378円)、「ミルフィーユ」(756円)、「プリンアラモード」(702円)、「ブランマンジェ」(432円)、「マドレーヌ」(270円)、「銀座千疋屋ショコラ」(324円)など。

 近隣の主婦やOLを中心とした幅広い年代の女性のほか、プレゼント用と思われる年配男性の来店もあるという。

 開店初日にはオープン記念商品として、「銀座千疋屋ショコラ(2個入り)」(990円)を100個限定・540円で販売したところ、開店15分前には約30人が列を作り、午前中には完売した。

 店長の鈴木誠司さんは「果物を組み合わせることで、当店でしか味わえないショコラやスイーツを提供していきたい。素材にこだわり、その時々で一番おいしい旬の果物を使った商品を提供しているので、ぜひ一度来店いただければ」と話す。

 営業時間は10時30分~18時30分。土曜・日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース