見る・遊ぶ

京橋のLIXILギャラリーで「南極建築」の変遷たどる展示

「南極建築 1957-2016」の展示風景

「南極建築 1957-2016」の展示風景

  • 45

  •  

 LIXIL(リクシル)ギャラリー(中央区京橋3)で現在、企画展「南極建築 1957-2016」が開催されている。

「南極建築 1957-2016」の展示風景

[広告]

 同ギャラリーは「『建築とデザインとその周辺』をめぐり、独自のテーマを発掘する」というコンセプトの下で運営されている。

 今回の企画展は、日本が1957(昭和32)年に南極大陸から4キロメートル離れた東オングル島に開設した日本初のプレファブ建築である昭和基地を軸に、国立極地研究所のアーカイブから選んだ写真や、映像・実資料など約90点から「南極建築」の変遷をたどるというもの。

 南極の建築物の改良・発展を可能にしたのは、建築資材や食料などを運ぶ観測船の4代にわたる大型化だったという。

 会場では建築物の変化を観測船の代替わりと重ね合わせ、「第一期:日本のプレファブ建築・宗谷時代」「第二期:高床式の建築へ・ふじ時代」「第三期:内陸基地への挑戦・ふじ~しらせ時代」「第四期:基地の大型化『昭和基地・管理棟』・しらせ時代」「第五期:新しい建築へ・新しらせ時代」の5期に分けて紹介する。

 開館時間は10時~18時。水曜休館。入場無料。5月27日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース