天気予報

32

25

みん経トピックス

銀座の名門バーが集結銀座のビヤホール再開業

スタジオアルタが有楽町マリオンに演劇専用劇場 映画館を「リメーク」

スタジオアルタが有楽町マリオンに演劇専用劇場 映画館を「リメーク」

「オルタナティブシアター」の客席と舞台

写真を拡大 地図を拡大

 スタジオアルタ(新宿区)は、6月5日、有楽町センタービル(通称=有楽町マリオン、千代田区有楽町2)別館7階に7月7日オープンする「オルタナティブシアター」の内部を公開した。

「オルタナティブシアター」のワイヤーフライングシステム

 同施設は長く映画館として使われてきたスペースを演劇専用の劇場に「リメーク」したもの。

 スタジオアルタの田沼和俊社長は「映画館から劇場への再生プロジェクトは予想もしていなかった問題や課題が多かったが、多くの方々の協力のおかげで竣工することができた」と話す。

 より臨場感のあるパフォーマンスを観客に披露するため、天井LEDシステム、客席上にせり出すキャットウォーク、ワイヤーフライングシステムなどを備える一方、装飾が施された金色の劇場扉やロビー中央の「光柱」などロビーのインテリアには手を加えず、映写室だったスペースを楽屋に転用するなど、リメーク空間ならではの工夫も凝らす。延べ床面積は約1098平方メートル、席数は立ち見52席を含む462席。

 田沼社長は「有楽町は、古くから映画・演劇などエンターテインメントの拠点となってきた、いわば日本のブロードウェー。銀座を訪れる国内の方にも訪日観光客にも満足してもらえるエンターテインメントを作り上げ、海外に発信していきたい」と意気込みを語る。

グローバルフォトニュース