天気予報

25

21

みん経トピックス

有楽町マリオンに劇場銀座で男性向け美容セミナー

ニュートーキヨービヤホール数寄屋橋本店が再開業 創業時レシピの生ビールも

ニュートーキヨービヤホール数寄屋橋本店が再開業 創業時レシピの生ビールも

再開業した「ニュートーキヨービヤホール数寄屋橋本店」のエントランス

写真を拡大 地図を拡大

 「ニュートーキヨービヤホール数寄屋橋本店」(有楽町2)が6月9日、2015年3月に閉店した旧本店跡地に隣接する場所で再び営業を始めた。経営はニュートーキヨー(中央区)。

再開業した「ニュートーキヨービヤホール数寄屋橋本店」の1階

 新本店の席数は1階=38席、2階=132席。壁面にはレンガ調のタイルを使い、シャンデリアは旧本店で使っていたものを再利用するなど、旧本店の雰囲気を引き継ぐようなインテリアを採用した。

 「サッポロ生ビール黒ラベル」(グラス=540円、中シュタイン=702円、大シュタイン=1,047円)、「白穂乃香」「琥珀ヱビス」「エーデルピルス」「アサヒドライブラック」(以上、グラス=626円、中シュタイン=734円、大シュタイン=1,069円)などの生ビールのほか、1937(昭和12)年の創業当時のレシピを再現した「復刻の生1937」(グラス=626円)も数量限定で提供する。

 フードは旧本店の人気メニュー「カミカツ」(1,296円)のほか、「アイスバインプレート」(2,786円)、「ニュートーキヨー唐揚げ」(626円)、「ザワークラウト」(518円)、「江戸菜と半熟玉子のシーザーサラダ」(918円)、「ビールのためのウインナー」(626円)などを用意する。

 新本店の内覧会で森一憲社長は「一時閉店の際はお客さまから、『これまで、ありがとう』という感謝のお言葉を頂くとともに、『この店で初めて生ビールを飲んだ』『この店で伴侶と出会った』『この店で会社の先輩に説教された』など、それぞれのお客さまの思い出を聞くことができた。当時は再オープンの計画が具体化しておらず、お客さまの声にただ感謝するばかりだったが、創業の地である有楽町・数寄屋橋に創業日の6月9日に再開業できたことは、本当にうれしい」とあいさつした。

 営業時間は11時30分~23時。

グローバルフォトニュース