食べる

有楽町で栃木県真岡市がイチゴのフェア 完熟「とちおとめ」無料配布も

「とちおとめ」のイメージ

「とちおとめ」のイメージ

  •  

 栃木県真岡市は1月27日、有楽町駅前広場で「もおか“いちご”フェスタin 有楽町」を開催する。

同フェアで販売される「恋するいちご」

 同市はイチゴ作付面積が176ヘクタールと、全国の自治体中、最も広い上、栃木県で過去11回開催されている「いちご王国グランプリ大会」で最多となる6回のグランプリ(農林水産大臣賞)を受賞している。

[広告]

 同フェスタは「『日本一のいちごの街』真岡市から産地直送 完熟とちおとめをお届け!」をコンセプトに、同市の知名度およびブランド力向上を図るもの。

 当日は直前までハウスで完熟させた「とちおとめ」2粒を先着1000人に無料配布するほか、「とちおとめ」「スカイベリー」を「生産地価格」で販売。「いちごロールケーキ」「いちごカレー」「いちごミルクのもと」「いちごビール」など、同市のイチゴを使う「Made in MOKA商品」も取りそろえる。

 会場には「いちご美容ブース」「いちごキッズブース」、同市のPRブースなども設置する。

 同市総務部企画課総合戦略推進係の本城谷諭(ほんじょうやさとし)さんは「多くの方に、とちおとめのおいしさを再確認していただくとともに、質・量ともに日本一の真岡市を知っていただければ」と話す。

 開催時間は11時~15時。雨天決行。