買う

銀座熊本館で天草フェア 「潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産登録

「天草フェア」を開催中の銀座熊本館の店内

「天草フェア」を開催中の銀座熊本館の店内

  •  

 天草地域の物産品を集めた「天草フェア」が現在、熊本県のアンテナショップ「銀座熊本館」(中央区銀座5)1階の「くまもとプラザ」で開催されている。

「天草フェア」を開催中の銀座熊本館の店内

 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が今年、世界遺産に登録されたことを記念して催されている同フェア。「ロザリオ塩 塩釜」(830円)、「島々餃子(ギョーザ)」(490円)、「鶏ムネ燻製(くんせい)」(1,080円)、「鶏レバーペースト」(756円)、「たこわさび」(1,080円)、「ゆずなまこ」(648円)、「うにからすみ」(2,700円)、「牛深かまぼこ」(463円)、米、オリーブオイルなど、天草地方産の食品を取りそろえる。

[広告]

 熊本県東京事務所 くまもとセールス課の村崎美由紀さんは「ミネラル豊富な天草名産の天然塩は工房ごとに海水の採取場所や製法などによって味わいが違うので料理や用途によって使い分けてほしい」と話す。

 「ブランド鶏『天草大王』はさまざまな部位の冷凍品を用意している。イチジクのジャムやロールケーキなど天草地方に古くから伝わる菓子からは、独特な南蛮風の文化を感じていただけると思う。この機会に食文化を通じて天草を知っていただければ」とも。

 営業時間は11時~20時。月曜定休。9月9日まで。