食べる 買う

築地場外市場で毎年恒例「半値市」 300店以上が「自慢の逸品」半額に

築地場外市場

築地場外市場

  •  
  •  

 「築地場外市場春まつり 半値市(はんねいち)」が4月20日、築地場外市場で開催される。

 築地場外市場に店を構える参加店舗が各店の「自慢の逸品」1点を通常の半額で販売する「半値市」は毎年の恒例行事で、例年、5万人以上の人出でにぎわう。

[広告]

 これまで販売された商品は、マグロ1キロ(3,000円)、国産牛サーロインステーキ200グラム(750円)、「玉子焼」(290円)、天然利尻昆布100グラム、手作りさつま揚げセット(以上500円)など。

 今年は300店舗以上の店が参加予定。参加する店舗は当日、店先に半額になる商品とその価格を掲げる。

 NPO法人築地食のまちづくり協議会の鹿川賢吾さんは「日頃からお買い上げいただくお客さまに感謝して1年に1度、各店舗自慢の逸品を特別ご奉仕するお祭り。この機会をお見逃しなく」と呼び掛ける。

 開催時間は9時から売り切れまで。

  • はてなブックマークに追加