見る・遊ぶ 学ぶ・知る

東京国際フォーラムで「丸の内キッズジャンボリー」 体験型120プログラム

昨年の「丸の内キッズジャンボリー」「折り紙企画」の様子

昨年の「丸の内キッズジャンボリー」「折り紙企画」の様子

  •  
  •  

 13回目となる子ども向けの参加体験型イベント「丸の内キッズジャンボリー」が8月13日、東京国際フォーラム(千代田区丸の内3)で始まる。

昨年の「ウエイトリフティング・パワーリフティングに挑戦!」の様子

 今回は「ホップ!ステップ!! 2020!!! 丸の内キッズジャンボリー スペシャル版」のタイトルで、未就学児と小中学生及びその保護者を対象に開催。東京国際フォーラムのホールE、ホールB5・B7、ガラス棟会議室、ロビーギャラリーなどで120種類のプログラムを実施する。

[広告]

 スポーツプログラムを拡充し、東京2020大会競技種目のウエイトリフティング・パワーリフティング体験やラグビーワールドカップ2019にちなんだ「ラグビーゾーン」を展開。

 東京消防庁によるレスキュー体験、警視庁の本物のパトカーや白バイとの記念撮影、血液センターや新聞社の仕事体験、ワークショップ、講義・教室、ステージプログラムなどを用意する。

 開催時間は10時~17時。入場無料(プログラムによっては材料費などの実費が必要、事前申し込みや当日整理券が必要なプログラムもあり)。8月15日まで。

  • はてなブックマークに追加