食べる

日比谷公園で全国から魚介料理集めるイベント 16万人の来場見込む

昨年の「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」の様子

昨年の「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」の様子

  •  
  •  

 魚介料理のイベント「第5回ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2019~全国魚市場&魚河岸まつり~」が11月14日~17日、日比谷公園で開催される。約90ブースの出展を予定し、約16万人の参加を見込む。

「うにトロいくら丼」

 今回は、赤ちょうちんの下でつまみや酒を楽しむことができる「赤ちょうちん通り」も新しくオープン。

[広告]

 ほかに「うにトロいくら丼」「くじらステーキ」「深海真鯛(まだい)ラーメン」「ふぐ鍋」などの新メニューを含む、日本全国の磯料理や郷土料理などの出品を予定する。メニューの価格は未定。

 17日には、「漁師自慢の魚料理と簡単・便利な国産水産物商品の頂上決戦」と銘打つ「第7回Fish-1グランプリ」も同時開催する。

 開催時間は14日・15日=11時~21時、16日=10時~21時、17日=10時~18時。入場無料(飲食代は別途必要)。

  • はてなブックマークに追加