3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

GINZA SIXの吹き抜けに吉岡徳仁さんの「光の彫刻」

「Prismatic Cloud」

「Prismatic Cloud」

  •  
  •  

 吉岡徳仁さんによるインスタレーション「Prismatic Cloud」の展示が2月27日、GINZA SIX(中央区銀座6)中央の吹き抜け空間で始まった。

 吉岡さんは1967(昭和42)年生まれのアーティスト。倉俣史朗さん、三宅一生さんの下でデザインを学び、2000(平成12)年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立。デザイン、建築、現代美術の領域で活動し、国際的にも高い評価を受けている。

[広告]

 代表作にオルセー美術館に常設展示されているガラスのベンチ「Water Block」、クリスタルプリズムの建築「虹の教会」、結晶の椅子「VENUS」、ガラスの茶室「光庵」などがあり、東京2020オリンピック・パラリンピックでは聖火リレートーチのデザインを手掛ける。

 「Prismatic Cloud」は巨大な雲をイメージした「光の彫刻」で、米・ヒューストンのアレンセンターで2017年に発表したものを、今回の展示のためにアレンジした日本初上陸の作品。

 自然の原理からインスピレーションを受けたという全長10メートルの作品は、約1万本のプリズムロッドを積層させることで光を透過する透明のレイヤーを無数に創り出し、約400平方メートルの吹き抜け空間に雲のような光の造形を生み出している。

 営業時間はショップ・カフェ=10時30分~20時30分ほか。「Prismatic Cloud」の展示は10月下旬までの予定。

  • はてなブックマークに追加