3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

日比谷シャンテに「日比谷しまね館」 島根県の特産品800種そろえる

日比谷しまね館

日比谷しまね館

  •  
  •  

 日比谷シャンテ(千代田区有楽町1)地下1階に5月29日、島根県のアンテナショップ「日比谷しまね館」がオープンした。

「のどぐろ丼」

 当初は4月オープンの予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のための日比谷シャンテの臨時休館に伴い、開館を延期していた。

[広告]

 「島根とのご縁を結ぶ場所」として、県産品の展示・販売や暮らし、観光情報の発信を行うことで「島根の今」を体感できる空間とし、イベントなどの実施を通じて島根ファンの増加や関係人口の拡大を目指す。

 店内はご縁市場(物販販売)、ご縁広場(イベントスペース)、ご縁カフェ(軽飲食・イベント販売)、観光移住コーナー(観光案内、移住相談)で構成。

 「ご縁カフェ」では魚のすり身に唐辛子を練りこんだ赤いてんぷら(さつま揚げ)がのった「赤てんカレー」や「のどぐろ丼」、「日本酒飲み比べセット」(以上1,000円)などを提供。地酒など店内のドリンクを購入してカウンターで飲むこともできる。

 「観光移住コーナー」には同県の観光・移住情報など約120種類のパンフレットを取りそろえ、専門のスタッフが相談に応じる。

 錦織崇副館長は「日本海で水揚げされた鮮魚を使った干物や練り物、地酒、和菓子、陶器・漆器といった工芸品など800点を超える島根の特産品をお届けする。島根とのご縁を結びに日比谷しまね館にお越しいただければ」と話す。

 当面は短縮営業を行う。営業時間は11時~19時(観光案内・移住相談は17時まで)。

  • はてなブックマークに追加