3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

東銀座に「コメダ」新業態店 植物由来のメニューを提供

「KOMEDA is □ 東銀座店」の外観

「KOMEDA is □ 東銀座店」の外観

  • 287

  •  

 「プラントベース(植物由来)」の原材料を使う喫茶店「KOMEDA is □(コメダイズ)東銀座店」(中央区築地1)が7月15日、オープンした。

「べっぴんバーガー『アボ照り』」

 コメダ(愛知県名古屋市)の新業態ブランドとなる同店では「お肉を休む日を、つくろう。」というライフスタイルを提案。「週に一度や月に一度だけでも」動物由来の食品を控え、同店の植物由来のメニューを取ることで、「無理なく手軽に地球に寄り添うことができる」とする。

[広告]

 臼井興胤(おきたね)社長は「コメダは50周年を契機に、持続可能な世界を目指す『心にもっとくつろぎを』というプロジェクトを始めた。お客さまと同じ方向を見ながら一緒に、いつまでも、どこまでも『くつろぐ、いちばんいいところ』を実現していきたいと思い、くつろぎながら『肉を休む日』を楽しんでいただける店を作った」と話す。

 大豆ミートを使った「べっぴんバーガー『アボ照り』」(1,080円)、バターの代わりに「塗る豆乳クリーム」を使ったトースト「モーニング」(ドリンク注文客にサービス、11時まで)などのフード34種、国産米粉100%の「コメパンケーキ『もっちり抹茶』」(1,180円)などのデザート8種を提供するほか、有機ブドウを使った赤・白やスパークリングの「ビオワイン」やビールなどのプラントベースのアルコールも用意する。

 営業時間は7時~23時(モーニング=11時まで、アルコール提供=11時~23時)。