暮らす・働く

銀座の街に水道不要の公衆手洗い場 商業施設と銀座通り計20カ所に設置

銀座通りに設置する水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」(イメージ)

銀座通りに設置する水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」(イメージ)

  • 12

  •  

 WOTA(ウォータ)(文京区)が、12月19日・20日に銀座通連合会が実施する取り組み「WELCOME WASH GINZA きれいな手で、いただきます。」に協力し、商業施設と歩行者天国を行う銀座通りに水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」を設置する。

水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」

 水循環の技術で、災害時から日常生活までさまざまなシーンで水インフラを提案・研究開発・プロダクト開発を行う同社。今年9月にウィズコロナ時代の「まちづくり」として、公衆手洗い場を設置・環境整備する「公衆手洗い推進パートナーシップ」を発足。商業施設、飲食店、医療施設、都市開発、公共交通機関、行政などの各種パートナーと、街中で手が洗える安心な社会の実現を目指す。

[広告]

 同社が開発した水循環型ポータブル手洗い機「WOSH」は、水道を必要としないドラム缶型の手洗いスタンドで、電源と20リットルの水があればどこでも設置可能。同社によると、膜ろ過・塩素添加・深紫外線照射の独自のテクノロジーを搭載し、WHOの飲料水ガイドラインや各国の飲料水基準に準じた衛生的な水を供給するという。

 銀座通連合会主催で行う「WELCOME WASH GINZA きれいな手で、いただきます。」は、商業施設と銀座通りに公衆手洗い場「WOSH」を設置することで、誰でも気軽に手を洗え、安心して買い物や食事を楽しめるようにする取り組み。期間中、「WOSH」で手洗いをした人に、対象店で利用できる500円分のクーポン付きハンカチを進呈する。対象店は18日に一般社団法人銀座インフォメーションマネジメントのホームページで公開する。

 「WOSH」の設置場所は、銀座 伊東屋、Ginza Sony Park、銀座東急プラザ、銀座松屋、銀座三越に1カ所ずつ、GINZA SIXは2カ所。歩行者天国の銀座通りに13カ所設置する。銀座通りに設置するものには、大型リチウムイオン電池や蓄電システムを開発するエリーパワー(品川区)が機材協力をし、可搬型蓄電システム「POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)」を組み合わせ、水道も電気もない場所での提供を実現する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース