天気予報

28

20

みん経トピックス

PR

ラグタグがクリーニング事業銀座にアコヤ貝のオブジェ

仏高級コスメ「オルラーヌ」が銀座に初の路面店-エステルームも

  • 0
仏高級コスメ「オルラーヌ」が銀座に初の路面店-エステルームも

西銀座通りに路面店「オルラーヌ ビューティー インスティテュート 銀座」をオープンした。2階にはエステティックルームも備える。

写真を拡大 地図を拡大

 仏高級コスメブランド「ORLANE(オルラーヌ)」の販売やエステティックサロンの運営を行うオルラーヌジャポン(新宿区)は1月19日、初の路面店「オルラーヌ ビューティー インスティテュート 銀座」(中央区銀座6、TEL 03-3572-0439)をオープンした。直営3店舗目となる同店を今後旗艦店と位置づけ展開を行う。

 ブルボン王家の血筋を受け継ぐドルナノ伯爵により1946年に創業された「オルラーヌ」は、当時よりエイジングケアを事業の中枢に展開する老舗コスメブランド。同社は、昨年4月に「ポーラ・オルビスホールディングス」(品川区)と「オルラーヌS.A」(本社=フランス)の合弁会社として設立され、約30年に渡り日本総代理店を務めた「エル・インターナショナル」(新宿区)より日本での販売権を継承した。富裕層をターゲットに据え、30代後半から60代半ばまでの顧客を抱える。

 店舗面積は約35坪。1階にカウンセリングスペースと販売スペース、2階にエステティックルームとシャワールームを設け、「オルラーヌ・ブルー」と呼ばれる青色と「清潔で洗練された」(同社)白色を基調に店内を統一。昨年11月に発売した、脳と肌の関係に着目したフェースクリーム「イプノティーク」(78,750円)やクマ・くすみ・小じわの1週間集中ケア「コンサントレ・ジュネス B21」(48,300円)などを販売するほか、日本限定のオリジナルボディトリートメント「バスト&デコルテ(60分)」(通常=17,850円、会員=12,600円)などのエステティックサービスを提供する。

 同社竹澤社長は「以前店舗展開を行っていたギンザ・コマツの顧客の皆様をスムーズに移行できる場であり、情報発信やステータスを築ける場でもある銀座へ出店を決めた。由緒正しいハイプレステージなブランドイメージに特化していくが、まずはブランドの認知度を上げていきたい」と話す。今年度の売り上げ目標は前年対比120%を見込む。

 営業時間は11時〜20時。年末年始休業。

銀座に120坪の大型スパエステ−男性用メニューも提供(銀座経済新聞)ベージュ東京、店内をルージュ一色に−「プラザ・アテネ」の世界を再現(銀座経済新聞)オルラーヌ オフィシャルサイト

グローバルフォトニュース