食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

銀座ハンズで「本のための小さな家具展」-クリエーター15人の作品

7階の会場ハンズインスピレーションでクリエーター15人が手がける「本をたのしむための小さな家具」を展示販売する

7階の会場ハンズインスピレーションでクリエーター15人が手がける「本をたのしむための小さな家具」を展示販売する

  • 0

  •  

 東急ハンズ銀座店(中央区銀座2、TEL 03-3538-0109)で4月22日より、「本のための小さな家具展」が開催されている。会場はハンズインスピレーション(7階)で、同フロアの直営ブックショップ「ハンズブックス」との連動企画。

 同展は、ハンズブックス隣のスペースで開催する「LIFE WITH BOOKS」の第2弾企画。デザインスタジオ「IKA STUDIO(イカスタジオ)」(山梨県北杜市)の呼びかけにより集まった15人のクリエーターが「本を楽しむための小さな家具」をコンセプトに手がけた作品を展示販売する。

[広告]

 展示作品は、時園勇さんの雑誌を収納できる「栞連(しおり)」(ウォールナット=48,300円、漆=480,000円)や井藤隆志さんの本が休憩する家「Book-house」(38,000円)、浦田進一さんのコンパクトなハイスツール「Kitchen Stool」(30,000円)など。

 同展担当者は「自分のお気に入りの本を、個性あふれる『小さな家具』に並べ、リラックスした空間で本を楽しんでいただければ」と話す。個人で購入するほか、職場のデスク用や待合室に設置する本棚として購入したケースもあったという。

 営業時間は10時30分~20時30分。今月26日まで。

「銀座ハンズ」に新コンセプトのブックショップ-15カテゴリーに分類(銀座経済新聞)新宿にムク材家具のショールーム-茨城の手作り家具店が県外初出店(新宿経済新聞)仙台のギャラリーで「カリモク60フェア」-限定商品販売も(仙台経済新聞)東急ハンズ銀座店イカスタジオ

  • はてなブックマークに追加