エリック・ロメール監督代表作「コレクションする女」-メゾンエルメスで上映

© La Collectionneuse / Les Films du Losange-1967

© La Collectionneuse / Les Films du Losange-1967

  •  
  •  

 メゾンエルメス(中央区銀座5、TEL 03-3569-3300)は4月18日から、10階のプライベートシネマ「ル・ステュディオ」でフランス映画「La Collectionneuse コレクションする女」を上映する。

 同作品は、ジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーなどを筆頭に1950年代後半から始まった仏映画運動ヌーヴェル・ヴァーグの巨匠の一人、エリック・ロメール監督が1967年に制作。限られた予算と撮影材料のなか、南仏の豊かな色彩の中で戯れる男女の物語を描いた。「まさに従来の映画の文法からの大胆かつ美しき逃避」とうたわれた同運動の幕開けとともに上映され、同監督の名を世に知らしめた作品。ベルリン国際映画祭では銀熊賞を受賞するなど評価も高い。

[広告]

 ストーリーは画廊のオープンを間近に控えたアドリアンがロンドンに出張するモデルの恋人ミジャヌーの誘いを断り、久々の休暇と骨董(こっとう)収集家との商談のためサントロペの友人の別荘に滞在し、現代美術作家の友人ダニエルと、アイデという娘と出会う。日の出と友に海で過ごし、暗闇の到来と同時に床に就くといった静かで規則的なアドリアンの休暇に対し、個人主義なダニエルと自由奔放なアイデ。彼女の存在など意識せず一人で穏やかな時の流れに集中していたアドリアンだったが、次第にアイデの存在に心乱されていく。

 同作品は南仏の自然光を頼りに撮影されたカラー映画で、上映形態はデジタルベータカムによるビデオ上映。上映時間は90分。

 上映開始は11時~、14時~、17時~の3回。6月20日までの毎週土曜のみ上映。入場無料。要予約。問い合わせはエルメスジャポン(TEL 03-3569-3300、平日=9時30分~18時、土曜・日曜・祝日=11時~19時)まで。

  • はてなブックマークに追加