買う

無印有楽町、子ども用品売り場改装-キッズスペース拡張、限定商品も

木材を使って「ぬくもりある空間」を目指したキッズスペース

木材を使って「ぬくもりある空間」を目指したキッズスペース

  • 0

  •  

 「無印良品有楽町」(千代田区丸の内3、TEL 03-5208-8241)は9月1日、子ども用品売り場を中心にリニューアルを行った。

 同店は無印良品の旗艦店として2000年に開業。同施設内にオープンした「有楽町ロフト」との相乗効果を狙い、昨年9月には商品群を生活シーンごとにまとめた「ライフスタイル提案型」の陳列スタイルを導入する大規模リニューアルに踏み切った。

[広告]

 これにより「住空間」カテゴリーの売り上げが「伸張」(良品計画宣伝販促室の馬場さん)。一方で、併せて売り場を縮小させた子ども衣料も、他店と比べ最大で「2倍」の衣料品売り上げ構成比を記録したという。

 有楽町店での「ファミリー層の増加」を反映し、大規模改装から1年たった今回のリニューアルでは、子ども用品の売り場を約1.5倍、キッズスペースを約4倍に拡張。授乳室にもウオールペイントを施すなど、「よりリラックスした空間」へと改装した。

 キッズスペースでは、国産材を使った遊具を中心に、おもちゃや絵本類を充実させた。子ども衣料では自然の生き物をモチーフにしたTシャツなど、有楽町限定商品も扱う。

 「キッズ」は小学生以下の未就学児をメーンに想定する。「子ども用品の売り上げは全体でも伸張しており、会社全体で取り組んでいくべき分野」と馬場さん。「お子さまの成長と一緒に無印良品としても成長していくことが課題」と話す。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加