食べる

築地場外に「東印度カレー商会」-ルーお代わり自由、500円カレーも

店舗面積5坪にカウンター12席と立ち席を設けた店内

店舗面積5坪にカウンター12席と立ち席を設けた店内

  • 0

  •  

 無料でルーをお代わりできるカレー店「東印度カレー商会築地店」(中央区築地4、TEL 03-3542-3322)が築地場外市場にオープンし、1カ月が過ぎた。

玉ねぎ、角煮などを添えた「上上豚カレー」(800円)

 店主は、もともと築地市場で青果小売りに携わっていた吾妻明さん。カレー店出店は幼いころからの夢の一つだったといい、2010年にカレー好きの友人同士が集まってオリジナルカレーを共同開発。2011年6月、不動前に本店「東印度カレー商会」を開き、同店が軌道に乗り始めた同年12月に独立した。

[広告]

 「和洋折衷、どんな炭水化物にも合うカレーソース」を目指して開発したルーを、大きなジャガイモ、ニンジンなどの具を添えたライスにかけて提供する。本店ではナンとライスを選択でき、「カレーに合うおかずを研究したい」との思いからカウンターには漬物やおひたしなど無料の付け合わせを常時5種類程度並べる。「家カレーのように遠慮しないで食べてもらいたい」と、ルーを無料でお代わりできるのも特徴。

 築地場外への出店は、肉類を仕入れていた「秋山畜産」の持ちビルに空きが出たことがきっかけ。厨房付き5坪の路面スペースを居抜きで借り受け、黄色いのれんを掲げてカレー店の雰囲気を演出する。カウンター席12席に加え、壁沿いには立ち席も設ける。

 築地店は「築地で働く人たちに毎日でも食べてもらいたい」と、500円で提供する「上上カレー」(日替わりの付け合わせ一品付き、ルーのお代わり自由)を主力メニューとして提供する。ほかに玉ネギと角煮を添えた定番の「上上豚カレー」(800円)、炊き込みカレーご飯をベースにした「カレーおにぎり」(100円~200円)なども用意。

 オープンから1カ月が過ぎた。「長靴(=仕事着)を履いたお客さんなど、築地で働く人たちの来店が徐々に増え手応えを感じている」と吾妻さん。「築地は外国人観光客も多い場所。地元の人たちに喜んでもらえる店を目指しながら、海外の方にも日本のカレーのおいしさを伝えていければ」と意気込みを見せる。

 営業時間は8時~15時。日曜・祝日定休。

Stay at Home