食べる

銀座わしたショップ飲食コーナー、那覇のカフェとコラボリニューアル

カフェンチュの道端さん。人気の「さーたーあんだぎー」と一緒に。

カフェンチュの道端さん。人気の「さーたーあんだぎー」と一緒に。

  •  
  •  

 沖縄県のアンテナショップ「銀座わしたショップ」(中央区銀座1、TEL 03-3535-6991)1階にある「パーラー島人(しまんちゅ)」が10月6日、「CAFE N CHU(カフェンチュ)」としてリニューアルオープンした。

「ポーク」を使った「ポークパイ」(324円)と、ロールタコス(324円)

 カフェンチュは沖縄県那覇市の「やちむん通り」のカフェからスタートし、現在ではイベントや沖縄物産展への出店も行っている飲食店。昨年11月にも同所で限定出張営業を行ったが、今回、銀座わしたショップの前田展野店長からの「猛プッシュ」を受け、共同営業という形での開店となった。

[広告]

 カフェを取り仕切る道端泰彦さんは「『できる限り毎日、限定商品を開発する』がモットー。沖縄の季節の野菜を使った沖縄風てんぷらや話題の食材を使った揚げ物など、常連のお客さんが毎日いらしても楽しめるようなお店にしたい」と話す。

 フードは定番の「タコライス」(500円)をはじめ、オリジナルメニューの「タコスカレー」(750円)や、今回の開店に当たって新たに開発した「沖縄版担々麺 タコスそば」(650円)などのほか、テークアウトで人気の沖縄の揚げ菓子「さーたーあんだぎー」(1個=129円、5個=594円、10個=1080円)、沖縄の家庭で日常的に使われる缶詰の「ポーク」を使った「ポークパイ」(324円)などを提供。

 「黒糖ラテ」「月桃ラテ」(以上、378円)や「オリオンビール」(540円)、「シークワーサービール」(648円)などのドリンクメニューも用意する。

 前田店長は「お客さまの中には『わしたショップのうちなー(=沖縄風)てんぷらがあるから生きていける』という東京在住のうちなんちゅ(=沖縄県民)もいるほど。カフェンチュでは沖縄を感じられる商品をどんどん展開していくので楽しんでいただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時30分~20時。

  • はてなブックマークに追加