見る・遊ぶ

京橋のフィルムセンターが「国立映画アーカイブ」に

「国立映画アーカイブ」のロゴ

「国立映画アーカイブ」のロゴ

  •  

 東京国立近代美術館フィルムセンター(中央区京橋3)は2月6日、同センターが4月1日に独立行政法人国立美術館の6番目の組織である「国立映画アーカイブ」として新たな位置付けで設置されると発表した。

「国立映画アーカイブ」となる東京国立近代美術館フィルムセンターの外観

 東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館などの既存の国立美術館と同格の機関として改組し、「映画を残す、映画を活(い)かす。」をミッションに、日本の映画文化振興のためのナショナルセンターとしての機能を強化するという。

[広告]