見る・遊ぶ

銀座で「東北芸術工科大学工芸コース展」 80点展示

小林秀幹さんの作品

小林秀幹さんの作品

  •  

 「REIJINSHA GALLERY(レイジンシャギャラリー)」(中央区銀座6)で現在、グループ展「SYMPHONY東北芸術工科大学工芸コース展」が開催されている。

藤田謙さんの作品

 東北芸術工科大学(山形県)美術科工芸コースの現役学生・卒業生・教員の作品を集める同展。会場には板垣唯さん、川嶋しおりさん、小林伸好さん、小林秀幹さん、佐々木里知さん、深井聡一郎さん、藤田謙さん、別所剛安さん、三浦彩希さんによる「金工」「漆芸(しつげい)」「陶芸」などの作品80点が並ぶ。

[広告]

 同ギャラリーゼネラルマネジャーの岡田恵さんは「山形の地でひたむきに制作に向かう東北芸術工科大学の学生・卒業生の作品が今、各方面から注目されている。さまざまな分野、幅広い世代の工芸作品に触れていただければ」と話す。

 開廊時間は12時~19時(最終日は17時まで)。入場無料。日曜・月曜休廊。3月16日まで。