天気予報

27

19

みん経トピックス

銀座で東北芸工大工芸展銀座にメキシコ料理新店

京橋のフィルムセンターで石井岳龍監督の自選作品特集上映

京橋のフィルムセンターで石井岳龍監督の自選作品特集上映

「爆裂都市/BURST CITY」

写真を拡大 地図を拡大

 東京国立近代美術館フィルムセンター(中央区京橋3)で3月13日から、「自選シリーズ 現代日本の映画監督6 石井岳龍」が始まる。

「狂い咲きサンダーロード ―Crazy Thunder Road-」

 石井岳龍(旧名:石井聰亙)監督は1957(昭和32)年、福岡生まれ。日本大学芸術学部在学中に映画制作集団「狂映舎」を設立し、8ミリ映画「高校大パニック」「突撃!博多愚連隊」などの作品を世に出し、注目を集めた。

 今回の上映企画では「狂い咲きサンダーロード ―Crazy Thunder Road-」「爆裂都市/BURST CITY」「逆噴射家族」などの80年代の作品のほか、「水の中の八月」「五条霊戦記 GOJOE」「生きてるものはいないのか」「シャニダールの花 The flower of Shanidar」など、石井監督自選の12プログラム(16作品)を上映する。

 会期中には石井監督の希望により、専用音響機器を設置して大音量で映画を上映する「PA 轟音上映」の機会も設け、3月18日と21日には同監督のトークイベントも開く。

 入場料金は一般520円ほか。「PA 轟音上映」は特別料金となる。3月25日まで。

グローバルフォトニュース