見る・遊ぶ

銀座でベッティナ・ランスさんの写真展 「幻のプリント」を含む22点

「ベッティナ・ランス写真展『密室』」の展示風景

「ベッティナ・ランス写真展『密室』」の展示風景

  •  

 「Art Gallery M84」(中央区銀座4)で現在、「ベッティナ・ランス写真展『密室』」が開催されている。

 ベッティナ・ランスさんは1952年パリ生まれの女性写真家。20代半ばで雑誌「エゴイスト」の創設者に評価され、同誌でデビュー。以降も女性のポートレートやヌード、広告・ファッション写真などを手掛け、世界的に高い評価を受けている。

[広告]

 今回の展示では1995年に日本人女性をモデルに撮影した「今まで門外不出とされていた幻のプリント」6点を含む約22点を展示する。作品は全て購入可能。

 同ギャラリーオーナーの橋本正則さんは「ベッティナ・ランスがパリの女性を撮った作品と日本人女性を撮った作品が一つの場所で展示されるのは日本で初めてのこと。『ランスでなければ写せない』とまで言われるしぐさやまなざしと、瞬間に写し取られた本能的な女性たちの姿をご覧いただければ」と話す。

 開館時間は10時30分~18時30分(最終日は17時まで)。日曜休館。入場料は800円。7月14日まで。

ピックアップ