食べる

帝国ホテル 東京で「ストロベリーフェア」 イチゴ使った限定メニュー

「ストロベリーアフタヌーンティー」

「ストロベリーアフタヌーンティー」

  •  

 イチゴを使ったメニューや持ち帰りスイーツを提供する「ストロベリーフェア」が現在、帝国ホテル 東京(千代田区内幸町1)で開催されている。

「HIBIYAルージュ」

 本館17階の「インペリアルラウンジ アクア」では、イチゴをふんだんに使った「ストロベリーアフタヌーンティー」(4,860円)を1月~2月の「Season-1」と3月~4月の「Season-2」の2期にわたって提供。「Season-1」では13品のうち、「苺と生ハム、ルッコラのバターロールサンド」「苺のヴェリーヌ」など7品にイチゴが使われている。

[広告]

 本館1階の「パークサイドダイナー」ではバニラとストロベリーのアイスクリームにイチゴや白玉のトッピングをあしらい、紅茶風味のイチゴとラズベリーのソースをかけて食べる「HIBIYAルージュ」(1,200円)を、同階の「ランデブーラウンジ・バー」ではコーヒー・紅茶などの飲み物が付く「ストロベリーペストリーセット」(2,400円)をそれぞれ用意する。

 以上、いずれもサービス料別。

 本館1階のホテルショップ「ガルガンチュア」では、「苺のミルクロール」(2,450円)、「苺のサバラン」(810円)、「ミルフィーユ」(980円)、「苺のタルト」(1,300円)を販売する。

 営業時間やメニュー提供時期などは店舗によって異なる。