見る・遊ぶ

京橋のギャラリー椿で夏目麻麦さん個展 深く豊かな色彩と重厚なマチエールの15点

夏目麻麦さんの作品「sitting girl - split」

夏目麻麦さんの作品「sitting girl - split」

  •  
  •  

 夏目麻麦(あさぎ)さんの個展「- scape」が11月2日、ギャラリー椿(中央区京橋3)で始まる。

 夏目さんは1971(昭和46)年、東京生まれ。多摩美術大学大学院を卒業した1998(平成10)年に初めての個展を開催。以来現在まで、国内外の個展・グループ展・アートフェアなどでの作品発表を続け、熱心なファンを獲得している。

[広告]

 ギャラリー椿の田中裕之さんは夏目さんの作品について「何層にも絵の具を重ねて塗り込められた画面は深く豊かな色彩と重厚なマチエールを持つ。描かれた人物たちは背景の色彩に溶け込むかのように輪郭はぼやけ表情もはっきりしないが、そこに何かが確かに存在していることを認識、想像させる」と話す。

 これまで女性像を描いてきた夏目さんだが、今回の個展では風景を描いた作品も出展する。出展作品数は約15点を予定する。

 開廊時間は11時~18時30分。今月16日まで。日曜・祝日休廊。

  • はてなブックマークに追加