食べる

丸の内タニタ食堂とタニタカフェ有楽町店が期間限定で「岩下の新生姜」とのコラボメニュー

「岩下の新生姜天をのせた白湯豆乳フォー」

「岩下の新生姜天をのせた白湯豆乳フォー」

  •  
  •  

 「丸の内タニタ食堂」(千代田区丸の内3)と「タニタカフェ有楽町店」(有楽町2)が11月11日から、「岩下の新生姜(しょうが)」を使った特別メニューを期間・数量限定で販売する。

「岩下の新生姜肉巻き 新生姜油淋ソース定食」

 「岩下の新生姜」は岩下食品(栃木県)が1987(昭和62)年から販売しているロングセラー商品。以前から同商品のファンだったタニタ(板橋区)新規企画担当の矢幅咲さんが、岩下食品が運営する「岩下の新生姜ミュージアム」のカフェメニューのおいしさに衝撃を受けたことがきっかけで、コラボレーションが実現した。

[広告]

 「丸の内タニタ食堂」では2種類の週替わり定食をランチタイム限定で提供。11月11日~16日はハンバーグのタネとドレッシングに「岩下の新生姜」を使った「岩下の新生姜おろしそバーグ定食」を、18日~23日は「岩下の新生姜ミュージアム」の名物メニュー「岩下の新生姜肉巻き」をタニタ食堂流にアレンジした「岩下の新生姜肉巻き 新生姜油淋(ユーリン)ソース定食」(以上1,150円)を提供する。

 矢幅さんは「岩下の新生姜のおいしさと風味はそのままにタニタ食堂の基準をクリアするため、スタッフが試行錯誤を繰り返した。その結果、ヘルシーなのにボリュームがあっておいしい、自信を持ってお薦めできるメニューができた」と話す。

 「タニタカフェ有楽町店」ではイートイン限定で、「岩下の新生姜天をのせた白湯豆乳フォー」(1,180円)、「岩下の新生姜入りの柚子ジンジャーエール(アイス)」「岩下の新生姜と柚子のはちみつHOTティー」(以上330円)を用意する。フォーにはパウダー「岩下の魔法生姜」が付き、好みで「追い生姜」をすることもできる。12月3日まで。

 特別メニューの提供に合わせて店頭では、「岩下の新生姜」のパッケージをモチーフにしたデザインの「岩下の新生姜 歩数計」(3,300円)を販売する。

 特別メニューの提供時間は丸の内タニタ食堂=11時~15時、タニタカフェ有楽町店=11時~22時30分。いずれも無くなり次第終了。歩数計の販売時間は丸の内タニタ食堂=11時~21時(土曜・祝日は15時まで)、タニタカフェ有楽町店=11時~21時。

  • はてなブックマークに追加