見る・遊ぶ 買う

銀座三越に「ECOALF」のポップアップストア エキシビションで美術家とコラボも

エキシビションで展示する長坂さんの作品の一つ

エキシビションで展示する長坂さんの作品の一つ

  • 28

  •  

 「ECOALF(エコアルフ)」が2月17日、銀座三越(中央区銀座4)でポップアップストアをオープンした。

コーヒーかすを生地の原料として活用したマルチジャケット

 ヨーロッパ発の「ECOALF」は、再生素材や環境負荷の低い素材などを使うサステナブルなファッションブランド。2020年3月から、三陽商会(新宿区)が日本で展開を始めた。今回、銀座三越本館3階「GINZAステージ」で、ポップアップストアをオープン。リサイクル素材などで作ったアウターウエアや春の新作の一部を販売する。

[広告]

 エキシビションとして、同館7階「銀座シャンデリアスカイ・イベントスペース」で、不法投棄された電子廃棄物を再利用し、アート作品を制作する美術家・長坂真護(まご)さんと「ECOALF」がコラボして作品展示を行う。「ゴミから生まれるアートとファッション」をテーマに「ECOALF」の製品の原材料となるペットボトルなどを用いたディスプレーや、長坂さんの作品約15点を展示する。

 ポップアップ出店を記念して、長坂さんのアートをプリントした銀座三越限定Tシャツ(7,700円)を限定販売する。期間中、「ECOALF」の活動を伝え、環境問題と向き合うためのトークイベントも開催。参加無料、各回定員15人。事前予約制。

 営業時間は10時~19時(当面の間、短縮営業)。3月2日まで。