見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

銀座でチャリティー・バッグ展-宇野亜喜良さんらトップクリエーター参加

クリエイションギャラリーG8の会場風景

クリエイションギャラリーG8の会場風景

  •  
  •  

 リクルートホールディングス(千代田区)が運営するクリエイションギャラリーG8(中央区銀座8)とガーディアン・ガーデン(銀座7)で11月26日、「CREATION Project 2013 180人のクリエイターとウエットスーツメーカーがつくる『石巻ちゃっこいバッグ展』」が始まった。

ガーディアン・ガーデンの会場風景

 「CREATION Project」は、多くの人たちにアートやデザインの楽しさを感じてもらうことを目指して1990年から始まった毎年恒例のチャリティー企画展。 両ギャラリーと交流のあるクリエーターがボランティアで制作した作品を展示・販売し、収益金を寄付してきた。

[広告]

 2009年から現在の名称となり、2011年の東日本大震災以降は被災地域の産業を応援するため「東北での物づくり」とのコラボを行っている。2011年、岩手・宮城・福島・茨城4県の染め物職人とクリエーターがコラボした「印染(しるしぞめ)トートバッグ展」、2012年、福島県の縫製工場とクリエーターがコラボしたアロハシャツ展「EAST ALOHA(イーストアロハ)」に続いて、今回のバッグ展の開催に至った。

 今回はマリンスポーツ用ウエットスーツで国内トップシェアのモビーディック(宮城県石巻市)とリクルートホールディングスとのコラボ企画。国内外の若手から浅葉克己さん、宇野亜喜良さん、長友啓典さん、日比野克彦さんらトップクリエーターまで、180人がデザインした180種類のバッグを展示し、1点5,000円で予約注文を受ける。

 予約を受けたバッグはウエットスーツ用の生地で一つ一つが手作業で作られ、生産工程の一部は仮設住宅で暮らす人たちにも委託されるという。

 同展の収益金(売り上げから製作費・送料を引いた額=1点あたり500円を予定)は、「いわての学び希望基金」「東日本大震災みやぎこども育英募金」「東日本大震災ふくしまこども寄附金」に寄付される。

 開館時間は11時~19時。日曜・祝日休館。入場無料。12月20日まで。

  • はてなブックマークに追加