3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

「出張魚屋」の築地場内見学ツアーが人気 親子向け企画は即日満員

前回の「魚屋あさいのお魚教室」の様子

前回の「魚屋あさいのお魚教室」の様子

  • 0

  •  

「出張魚屋」が主催する築地場内見学ツアーが人気だ。

魚屋あさい代表の浅井和浩さん

 11月7日に開催される親子向けの「魚屋あさいのお魚教室 ~遠足編~ 築地であそぼ!!」は子どもの年齢が5~7歳の15組の親子を募集したところ、ほぼ即日で満員になったという。

[広告]

 「普段なかなか見ることのない」築地市場場内を親子で見学した後、その日に仕入れた魚を子どもに見て触ってもらい、プロの「魚屋」が目の前でさばいた刺し身や魚料理を食べるという同企画。

 PRと当日の運営を担当する産地テーブル(渋谷区)代表の伊藤舞さんは「主催者である『魚屋あさい』や産地テーブルのイベントにこれまで参加してくださったお客さまに告知をしたところ、あっという間に満員となった。親御さん自身が一度築地市場に行ってみたいと思っていたため、これはいいきっかけになると思い参加を決めたといった声なども頂いている」と話す。

 産地テーブルが今年9月に実施した「1日限りのレストラン-北海道根室編-」の会場で「魚屋あさい」が魚の解体ショーを担当したことが今回の教室の開催につながった。

 「魚屋あさい」の親子向け築地ツアーは不定期開催で次回日程は未定。対象が親子向けではない「築地ツアー&お魚捌(さば)き教室」は11月14日・21日・28日と12月12日に開催予定だが、11月28日に若干の空席があるだけという人気ぶり。

 魚屋あさい代表の浅井和浩さんは「現在は魚と直接関わる機会があまりにも少ない。東京では特にそうだが、東京には、日本全国、さらには世界各国で水揚げされた新鮮な魚が集まる築地がある。このような場所が東京の中心部にあるというのはすごいこと。ぜひ魚を見て、触って、食べて、魚のおいしさ、楽しさを味わってほしい。現在の築地場内は地面が石畳で魚屋がひしめき合い、とても風情があるので、移転前に足を運んでいただければ」と話す。