食べる

築地の「魚河岸食堂」でサッカーのパブリックビューイング

6月に行われたパブリックビューイングの様子

6月に行われたパブリックビューイングの様子

  •  

 「キリンチャレンジカップ2018」日本対パナマ戦とウルグアイ戦のパブリックビューイングが10月12日・16日、築地場外の「魚河岸食堂」で催される。

 当日は「鳥藤」「小田保」などが入るフードコート形式の魚河岸食堂で、料理や酒を楽しみながら試合を観戦できる。

[広告]

 会場では日本代表選手のサイン入りアイテムなどを展示する予定。

 NPO築地食のまちづくり協議会の小島英朗副理事長は「6月にワールドカップ日本対コロンビア戦のパブリックビューイングを開催した際に初めて『築地魚河岸』を訪れた方も多く、『また開催してほしい』という意見を多数頂いた」と話す。

 11月16日・20日の試合についても同様のパブリックビューイングを実施する予定。

 「10月12日のパナマ戦は『築地秋まつり』、11月16日は『築地はしご酒』のそれぞれ前日ということもあり、前夜祭として盛大に行おうと考えている」と小島さん。

 17時開店。閉店時間は店舗によって異なる。