銀経今年のPVランキング1位は「クリスマスギフトの期待額」

  •  
  •  

 銀座経済新聞2006年度のPV(ページビュー)ランキング第1位には「クリスマスギフトの期待額は『53,260円』-プランタン調査」が輝いた。クリスマス前に発表されたため、プレゼントの参考にと記事を読んだユーザーが多いと考えられる。

 ランキングは今年4月から12月27日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもので、2位には「有楽町西武、全館リニューアル-30代キャリア女性狙い」、3位には「人気フリーマガジン『R25』女性版『L25』創刊、リクルート」が続いた。上位10位のランキングは以下の通り。

[広告]

1. クリスマスギフトの期待額は「53,260円」-プランタン調査(11/7)2. 有楽町西武、全館リニューアル-30代キャリア女性狙い(8/3)3. 人気フリーマガジン「R25」女性版「L25」創刊、リクルート(9/27)4. スターバックス10周年-銀座の1号店などで特別企画(8/2)5. 今秋、銀座に世界的サンドイッチカフェの日本1号店(7/10)6. ノイハウス、銀座に海外初のニューコンセプトショップ(10/18)7. エルメスのギャラリースペースで「木村伊兵衛のパリ」展(10/31)8. プランタン銀座にコーン型ピザ専門店-ドルチェタイプも(11/9)9. 伊ヨーグルトデザート専門店、プランタン銀座に出店(8/18)10. 有楽町西武リニューアルオープンに700人が行列(9/9)  ランキングでは、全館リニューアルを行った「有楽町西武」記事が2本ランクインし同店への注目度の高さを表したほか、「スターバックス10周年-銀座の1号店などで特別企画」(4位)「今秋、銀座に世界的サンドイッチカフェの日本1号店」(5位)など飲食関連記事が10本中5本を占め、食に対する興味の高さがうかがえる結果となった。

 2007年には「ジョルジオ・アルマーニ」の旗艦店やスウォッチ グループ ジャパンが「世界初のウォッチ・ランドマーク」を開設、ブルガリ ジャパンが世界最大規模の店舗を構えるなど、高級ブランドの出店は加速。また、三井不動産が手がける商業ビル「Gプロジェクト(仮称)」や「読売銀座2丁目ビル(仮称)」など大型ビルのオープンが続くほか、丸井が有楽町へ進出するなど、銀座・有楽町・日比谷エリアは商業地区としてますます魅力が増す年となりそうだ。

  • はてなブックマークに追加